治療中の見た目が気になる

歯科矯正

矯正で歯並びをきれいにしたいけれど、矯正装置が見えることに抵抗を感じるという人も少なくないでしょう。最近では子どもだけでなく、大人になってから矯正を始める人も増えています。しかもその多くを女性が占めているため、ある意味では当然とも言えます。また子どもの頃から矯正をしている場合、年齢が幼いうちは気にならなかったのに、ある年齢に達してから急に気になりだすことも少なくありません。堺市にある矯正歯科クリニックでは、歯の表側(唇側・頬側)部分にブラケット装置を取りつける従来の方法だけでなく、裏側(舌側)にブラケットを取り付ける矯正治療も手掛けています。これなら笑ったり話をしたりしたときでも見えることがなく、見栄えを気にせずに過ごすことが可能です。大人になってから歯列矯正を始める人は、きれいな歯並びが求められる接客業に携わっている人が多いのも特徴です。中には社命で歯列矯正を始めることになったという人もいるほどで、就職に備えて学生のうちに行うという人もいます。しかしながら治療中ずっとつけておかなければならない矯正装置が嫌で、矯正歯科に行くことをためらっている人が多いのも事実です。大人の歯列矯正にかかる期間は2~3年ほどですが、人によってはもう少し長くなることもあり得ます。長期間見た目を気にしながら人と会話をすることを考えると、矯正に踏み出す勇気が出ないのも理解できます。

見えにくい装置とは

親子

歯の裏側(舌側)矯正にはリンガルブラケットと呼ばれる矯正装置を用いて、歯の裏側にブラケットを接着してワイヤーをかけていきます。矯正方法には他にも表側(唇側・頬側)矯正とマウスピース矯正がありますが、裏側矯正は最も費用が高くなるのが特徴です。しかし堺市の矯正歯科クリニックでは裏側矯正を希望する人も多く、目立たずに矯正したいと考えている人が多いことが見て取れます。裏側にブラケットを装着しても、矯正治療に影響を及ぼすことはありません。見た目が気になるという人には、裏側矯正がおすすめです。

唇の形が変化しないのもメリット

歯科矯正

歯の表側に矯正装置を取りつけると、歯茎と唇との間にどうしても厚みが出ます。全額矯正を行う場合、上下の歯すべてに一つずつブラケットを装着する必要があるからです。接着したブラケットにワイヤーをかけ、さらにゴムで固定すると、上唇と下唇がかなり出た格好になってしまいます。さらに見た目の変化だけでなく、常に唇に違和感を覚えたり傷がついたりすることも珍しくありません。その点裏側矯正なら唇の形が変化することがないため、堺市の矯正歯科でも違和感の少ない矯正治療方法として推奨しています。

広告募集中